換気が必要な理由

たとえば寝室ですね、一般的には気密性も高くわりと狭い作りとなっています。まあ寝室に限った話ではないのですが換気がなされず空気もこもりがち、汚れがちです。私たちは呼吸をすることによって空気中の酸素を体内に取り込み、血液によって体の隅々まで運ばれます。そして不要となった炭酸ガスを放出するため、こもった部屋においては酸素の量が減り、炭酸ガスの量が増えていくわけです。言い方を変えればどんどん空気は汚れていくのです。

一般的に空気の汚れはこの炭酸ガスの濃度によって決まります。きれいな空気の場合その構成を見ると約8割が窒素、2割が酸素、そして炭酸ガスが0.03%、そして体外に吐き出される呼気を見ると酸素が16%、炭酸ガス4%となるそうです。せまく締め切った部屋にいると不快になってくるわけです。石油ストーブなどを使用していれば有毒ガスも発生しやすく人体へ及ぼす影響もなおさらとなるわけです。

また換気を怠るとカビや湿気の原因となりダニも繁殖にも影響を与えます。室内から一匹残らずダニを駆除することは不可能でしょうが、換気で空気を入れ替えたり風通しを図る、また防虫マットや掃除によって繁殖を抑えることはできそうです。とくに梅雨からダニが大量発生する季節がやってきます。

今のうちから対策を講じる必要もありそうです。とくに衣替えと同様に布団も夏用と交換される方は冬布団をしまい込む前に布団クリーニングを検討してみませんか。布団だって汚れています、せめて年に1回くらい気持ちよくさせてあげるのも悪いことではありません。布団の中はダニとその死骸やフンだらけ、そしてこれらがアルゲンとなっていることを思えばなおさらです。

痩せたい!本当に変身したければ自己流ではダ

痩せたい、これは女性だけの願いではありません、男性だって同じこと。しかし置かれている立場はそれぞれ皆違うものです。健康診断でメタボを指摘された方もいれば、彼氏にフラれ美しくなって見返してやる、と決意された方もいるわけです。ここではとくにそのような美容のために痩せたいと思われる方にお話しをしたいと思います。

まずいくら痩せてもキレイにはなれません。体重を落とすことが美しくなることでもなく、体重が軽くなればスタイルがよくなることもありません。また無理な食事制限をすればだれでもカンタンに体重は減っていきます、この場合空腹との闘いが勝負です。しかしどうやってそれを維持させるのですか。

また短期間で落ちた多重、落ちるのは筋肉や水分であって脂肪ではありません、だからくびれどできるわけがありません、筋肉はつきやすいところから落ちていきます、女性の場合胸が小さくなるのは胸の筋肉が落ち垂れてしまうからです。スタイルを作るのは筋肉です、ハリ・ツヤ・うるおい、こういったものから失われていくため、本人は美しくなったつもりでしょうが、周りからは「病気でもしたの」といった姿にしかうつりません。

また栄養不足は不眠やイライラの元です、いつも機嫌が悪く肌もあれ・・・。いったい何のためにそんなことをしなければならないのでしょうか。これは本人が悪いのではなく世の中がおかしいのです。痩せ願望をあおって金儲けをしたいといった連中が世間を騒がせ間違った方向へ向かせているだけ、そして私たちは簡単になびいてしまう生き物なのです。

やはり健康が何より、そのためにはしっかり食べること、もちろん必要以上たべないことも当たり前のこと、また美しいプロポーションは作るものなのです。ごはんをがまんしても貧弱な身体を作るだけ、そしてどうせリバウンドするわけです。本当に変身したければ自己流ではダメ、やはりお金を払ってしっかりしたかたの教えを受けることが一番、ジムなどにもいかなくてもこういったDVDを利用してみることもひとつなのかもしれません。

買い物ダイエットと食べ物ダイエット

菊谷篤 男 会社員 38歳

ダイエットを始めた理由は、やはり太っていたせいで、生活する上で、全ての行動が怠いと感じた為です。その時の体重は、88キロ 身長172センチ 当時35歳 体調は、常に悪い どんなダイエットだったかと申しますと、買い物ダイエットとは、ただ歩くだけでは、続かない事に気がつき、一応、趣味でおもちゃを集めていたので、地域にあるお店をスマホで探しながら、色んなお店へ行き、買い物しながらダイエットをしました。興味あるものを買うというのは、めんどくさいとかもないわけで、色んなお店へ行き、色んなものを買い、それは運動のようなところがありまして、意外と買い物という名目なら、長続き致します。

買い物が好きだから、敢えて歩きや自転車で、お店巡りをし体重もかなり痩せました。買い物は、意外と体力を使います。体を動かします。もし、エリア的に遠い場合は、そのエリアまで、交通機関を使用し、レンタル自転車でお店巡りをしました。なかなか、知らない店とか発見できたり、楽しくダイエットできました。食べ物ダイエットは、冷蔵庫にサラダをタッパーに入れて常に食事前に食べるように致しました。炭水化物などの食べる量が、サラダによって激減しました。サラダで、お腹を満たす事で、お腹いっぱいお肉とか食べなくなり、食事のカロリーを減らす事に成功しました。

サラダには、マヨネーズは使わないようにし、カロリーの少ないドレッシングをかけるか、サラダとアーモンドとか、色々、サラダには工夫し、なるべく多くの食べ方で、サラダを楽しく取るように致しました。サラダを先に食べる事は、脂肪がつきにくくなり、非常に体内が綺麗になってきたと感じました。結果として、78キロまで体重を落とすことができ、日々の仕事やプライベートでも、だるいとかめんどくさいといったマイナス思考もなくなり、明るく元気に様々なチャレンジをする前向きな性格になりました。太っていた時期は、プライベートな休みの時間も、もったいない時間の過ごし方、寝て過ごしたり、天気が良くても外に出ないで、自宅に入り浸りなんてざらでした。

少しずつ社交的な性格になりました。今思うこては、ダイエットは楽しくやるべきだし、ダイエットと思うから、長続きしないのだと思います。買い物ダイエットは、そんなダイエットを楽しくやるような形だったと思います。是非、ランニングとか自転車だけをやるダイエットから一工夫してみてはと思います。

深呼吸からの良い睡眠でダイエット

30歳警備員、喜明さん

私は警備員です、施設や道路、貴重品運搬など業務地は分かれていますが仕事柄、体力向上を努めて日々鍛錬に励んでいます。身長は170センチに対して72キロ。数字だけならなかなかの体格であることがわかると思いますが、仕事を続けていく以上、体調や健康の維持をしていかなければなりません。体調を整える一環として、朝昼晩の食事はもちろん摂らなければなりませんが、休養が健康の維持に大きく関わってくると考えています。特に睡眠は筋肉の成長を促す効果に欠かせないものです。

睡眠時間は個人によって異なるそうで、1日12時間寝ないとダメな人もいれば、数時間程度で充分な人もいます。要は大切なのは睡眠の「質」ということです。私は施設警備ですので24時間勤務が多く、4時間は睡眠時間を取ることになっています。寝られる時間があっても所詮は事案対応できることを想定しての「仮眠」ですから、自宅で寝ているのとは違って緊張感は残ってしまいます。私は緊張して寝られない日々が続き、起きたあとはぼんやりとしてしまい、早朝の勤務が充分にこなせていないという感覚がありました。寝つけなければせっかくの仮眠が無駄になってしまいます。

ですから、私は書籍を漁り、眠る前に「呼吸法」を意識してリラックスできるようにしてみました。仮眠する際、私は眠る前に部屋を暗くして神経を落ち着けるようにしています。息を大きく吸いこんで数秒溜めこみ、ゆっくりと息を吐きだす。3秒吸いこんで2秒溜めこみ15秒吐きだすという方もいれば、5秒吸い5秒吐きだすという呼吸法もあります。どちらにせよゆっくりと深呼吸をし、自分の呼吸に耳を傾けるように意識していくようにしました。呼吸に耳を傾けることで精神を集中させ、リズムの良い呼吸法でより良い睡眠をしていくことで、目覚めた時の勤務が以前よりも交替や報告の引き継ぎがスムーズではつらつと行うことができるようになりました。

これまでは非番での筋力トレーニングに取り掛かるにも眠気とどう戦うかという悩みがありましたが、「質の良い」睡眠が出来るようになり翌日からのトレーニングにも効率よく取り組めるようになり、72キロの体重も75キロまでアップし、身体つきも肩幅がひと周り大きくなってきました。24時間勤務は身体にきついものがありますが、コツを掴んで良い睡眠をとることが出来れば、筋力トレーニングやダイエットにも良い影響をもたらすと思います。深呼吸して集中すること。良い睡眠のために、呼吸をこれからも意識していきたいですね。

筋トレダイエットで私に起こった変化 (体験談)

しみやんさんより
通信関連の企業に勤務する29歳のサラリーマンです。今回は私が実践した筋トレダイエットについて書いていきたいと思います。筋トレダイエットを始めようとした当時の私は身長170センチ、体重90キロ、体脂肪率約40%の典型的なぽっちゃり体型でした。とにかく食べる事が大好きで、ラーメン屋に行けば大盛りにライス付、回転寿司に行けば20皿程度はペロリと食べていました。

「好きなものを好きなように食べて生きて行けば良いや」とダイエットに見向きもしなかった私ですが、アラサーと言われる年齢に差し掛かった頃、それまで健康そのものだった身体に異変が起こりました。腰痛、肩こり、頭痛、おまけに階段の昇降の際には膝の痛みに悩まされるようになりました。不安になりインターネットで調べた所、これらの原因は太りすぎと年齢から来る筋力の衰えに起因する可能性が高いと思い至ります。

このまま歳を重ねていくと常に痛みや不調に悩まされる身体になるのではないか、不安に駆られた私は、ダイエットに取り組もうと一念発起します。インターネットや書籍でダイエット関連の情報を集めた私は、体重過多と筋力の衰えの両方を解決するため、筋トレを取り入れたダイエット法を選択しました。ジムには行かず週に6日、自宅で20分程の自重筋トレ+ダンベルトレーニングに取り組む事にします。

1日目は腕立て伏せを中心とした胸筋を鍛えるメニュー
2日目はダンベルを使用して肩や背筋を鍛えるメニュー
3日目はスクワットを中心とした足を鍛えるメニュー
4日目はまた1日目のメニューに戻る・・・

といった風に6日間トレーニングし、7日目は休む、というローテーションで1週間のニューを組みました。また、同時に食事制限にも取り組みました。1日の摂取カロリーを1800kcalまでと決め、なおかつこれまで過剰に摂取していた炭水化物や脂質を控えてたんぱく質中心の食生活に切り替えました。

そんな生活を1ヶ月続けると、これまでの人生で増え続ける一方だった体重が何と4キロも減っていました。ダイエットの計画を立ててそれを実行し、結果を出すという事に楽しみを覚えた私は、その後も筋トレと食事制限によるダイエットを継続し、半年間で18キロの減量に成功しました。体重は90から75キロ、体脂肪率は40~28%と激減し、ダイエット前にはXLだった服のサイズもMサイズに。

会社でも「しみやん最近すごく痩せましたね!」と声をかけられ、時には女子社員にどのようにダイエットに成功したのかレクチャーしてほしいとせがまれる事も。また、身体の痛みや不調も殆ど無くなりました。私はダイエットをする前、体重が減った所で人生に大した変化は無いだろう、と考えていました。しかしいざ実践してみると、健康面は勿論のこと仕事や人間関係といった人生の様々な面にポジティブな影響が有りました。

見た目を変えるだけでなく人生そのものも変えてくれるのがダイエットだと思います。ダイエットが成功しない、と悩んでいる人は是非、ダイエットに成功した自分を思い浮かべてみて下さい。そして計画を立てた上でまずは1ヶ月間ダイエットを実践し、成功する楽しさを味わってみて下さい。一度成功を体験すれば、その後は毎日体重計に乗るのが楽しくなってきますよ。

運動で体を引き締めていく方法をおすすめします

過去に筋トレでダイエットをした体験談についてご紹介します。私がトレーニングでダイエットをしようと思ったのは、20歳を過ぎてからお酒を飲む機会が増え、周りの人達にお腹が出ていると指摘されるようになったことがきっかけでした。

このままでは、さらに太り続けてバカにされ続けてしまうと危機感を感じ、ダイエットをしようと決意しました。インターネットでいろんなダイエット法について調べましたが、食事を減らすだけのダイエットだとすぐにリバウンドするという情報をよく目にしたので、筋トレで筋肉を増やし、体を引き締めていく方法に決めました。

ちなみにダイエット開始前の身長は168cm、体重は67kg、ぽっちゃり体型、体脂肪率は26%、体調は運動不足で少し歩くと息切れしてしまうという感じでした。具体的なトレーニング内容についてですが、ジムではお金がかかるので、家で自己流で毎日腹筋とスクワットと腕立て伏せを行いました。

最初は腹筋もスクワットも腕立て伏せも30回程度が精一杯だったのですが、徐々に回数を増やしていき、1年程経った頃には腹筋200回、スクワット150回、腕立て伏せ150回を毎日こなせるようになっていました。そして、この1年間の間に食生活も変わりました。まずお米やパンなど、炭水化物を少し減らすように心がけました。それとお酒を飲む時も、唐揚げなど高カロリーな物は減らし、なるべくサラダや魚のお刺身をおつまみにしていました。

最初はストレスが溜まりましたが、なんとしても痩せるという気持ちが勝り、徐々に慣れていきました。そんな努力の甲斐もあり、ダイエット開始から1年が経った頃、私の体は大きく変わりました。体重は57kg、?せ型体型、体脂肪率は14%、体調は体力に満ち溢れ、長い階段なども息切れせずに登れるようになりました。周りの人達からも「かっこよくなった」、「羨ましい体型」だと言われ、優越感を感じるようになりました。

そして、現在も同じ体型をキープ出来ています。もし食事を減らすだけのダイエットだったら、すぐにリバウンドしていたでしょうし、体調も良くはならなかったと思います。トレーニングで体力をつけ、健康になりながら痩せていくことが、私が思うベストなダイエット法です。ダイエット難民の人達も世の中には、大勢いるかと思います。無理に食事を減らしてすぐ結果を出そうとするのではなく、焦らずに時間をかけて、運動で体を引き締めていく方法をおすすめします。

1年間で10キロくらいをペースにすることをオススメします

私がまだ保育園に通っていた頃はとても細く芸能人に似ているとよく褒められていました。ですが父親が大食いで私に甘かった事もあり私は小学校に入学してからどんどん太っていきました。小学2年になった頃の体重は60キロ近くあり完全にデブでした。小学校を卒業する頃には70キロにまでなりました。それからは毎日太ってる事を理由にクラスメイトからいじめを受けるようになり辛かったです。でも辛い思いをしていても食欲が無くなる事はありませんでした。

それから高校生になった時に周りの友達に彼氏ができはじめ羨ましいと思うようになりました。そして私にも本気で好きだと思える相手ができ告白したいと思いダイエットを決意しました。ダイエットを決意してからまずはご飯の量を減らしました。それまでは2段のお弁当にギッシリと詰まっていましたがそれを辞め、1段の弁当箱に変えました。そしておかずを8割、白米を2割の分量にして炭水化物を減らすようにしました。お菓子も食べるのを辞め晩御飯もいつもの量の半分にしとにかく食事制限をして早く痩せたいと思っていました。

あとは学校までいつもは自転車で10分かけて行っていたのですが、自転車を止めて歩いて行くようにしました。毎日に往復30分ちょっと運動しました。ダイエットの為に毎日歩こうと決めてしまうとしんどくなって途中で辞めてしまったりしますが、あまりルールをきつくせずWALKMANで音楽を聞くために歩こうと考え方を変えました。そんな生活を半年程続け75キロあった体重が52キロにまで減りました。初めは少しご飯を減らすだけでも大きな変化がありそれが嬉しくて途中からはご飯を食べない日もありました。

ダイエットに成功し周りの友達からすごいとか綺麗になったと言われるのが嬉しくて体重を維持する為に毎日必死でした。それから数ヶ月後に好きな彼に告白し私は振られてしまいました。あんなに一生懸命痩せたのに酷い振られ方をした私は大きなショックを受け急に食欲が止まらなくなりました。食べる事でストレスを発散していたと思います。2ヶ月後にはまた元の体重に戻ってしまっていました。努力も無駄になってしまったと思っています。

これからダイエットをされる方はなるべく食事を抜いたり過度に減らしたりして痩せようとするのは止めたほうがいいと思います。その時は一気に痩せたとしてもリバウンドするのも早いです。ダイエットを成功させたいなら1年間で10キロくらいをペースにすることをオススメします。